【何してる?】高橋メアリージュンを最近見ない理由は?壮絶な過去や現在の活動内容も!

大きな瞳と妖艶な雰囲気、抜群の美しさと明るく透明感のある笑顔で一躍人気を獲得した高橋メアリージュンさん。

ファッションモデル、タレント、女優など多くの仕事に引っ張りだこで、いつでもどこでも見かけるほどの多忙さでした。

しかし、そんな高橋メアリージュンさんですが、

最近見ないけれど何をしているの?

と噂されるようになってしまいました。

そこで今回の記事では、高橋メアリージュンさんを最近見ない理由、壮絶な過去、現在の活動内容について調べてみたいと思います。

目次

高橋メアリージュンを最近見ない理由は?

高橋メアリージュンさんを最近見ない理由は、大きくわけて以下の2つだと思われます。

  • 2013年に国の難病指定とされる潰瘍性大腸炎を患った
  • 2016年に子宮頸がんを患い精密検査や療養を行った

それぞれ具体的に見て行きましょう。

①2013年:潰瘍性大腸炎を患った

高橋メアリージュンさんは2013年

潰瘍性大腸炎の治療で仕事をセーブ

ということがありました。

「なるべく言いたくなかった」と切り出された公表は、自身のSNSを通じてのものでした。

潰瘍性大腸炎とは?

大腸の粘膜に炎症が起こり、下痢や血便・腹痛などが表れる病気。
正確な原因が不明で、国の難病指定とされている病気。

近くにトイレがないと生活も外出も仕事もままならない心身ともに苦痛を伴う難病、本当に大変だったのではないでしょうか。

原因が不明の難病となると確実な治療法や特効薬がなく、健康を維持できる生活制限と通院や投薬治療以外に具体策はありません。

最悪の場合は、幹部の除去手術が検討されます。

そのため、高橋メアリージュンさんは仕事量を抑え、定期的に通院していたのです。

だからこそ、ブレイク直後のような仕事量を継続することができませんでした。

②2016年:子宮頸がんを患った

SNSを通じて持病を公表した3年後の2016年、突如、体調の異変を感じた高橋メアリージュンさん。

診察当初は、

子宮頸がんの前の段階である「高度異形成」と診断

されました。

そのため、

初期症状への対応として、一般的な円錐切除手術を2016年11月に行った

のです。

しかし、高橋メアリージュンさんは、

切除部分の検査の結果、ガン細胞が発見され子宮頸がんが発覚した

のでした。

子宮頸ガンの告知を受けた際には、

あまりの衝撃に自分のことのように受け止められず、妙に客観的に宣告を聞いた。現実として受け止められなかったし涙も出なかった。

といいます。

「ガン」という病気の恐ろしさと「まさか自分に」という気持ちの中での反応、生々しいものがありますね。

そして、リンパ節などへの転移や子宮摘出の危険性もあることから、数回の精密検査を受けたといいます。

検査もすぐに受けられるわけではなく、

  • 予約や仕事関係の日程調整などで1か月後に検査となった
  • 検査の結果が出るまでにも時間がかかった

ことから、

高橋メアリージュンさんは、数か月間は仕事も抑え気味

になり、これが最近見ない大きな理由になったのです。

その後の検査結果で、

リンパへの転移や子宮全摘出の必要がないことが判明

し、一般的な経過観察治療、一時療養などへと移っていきました。

当時のことを高橋メアリージュンさんは、

「子どもが産めなくなるかもしれない…」と思うと、産婦人科で子どもたちを見るのがつらくて仕方なかった。精密検査の結果が出て、問題ないことがわかって張りつめていた気持ちが緩んだ。

と語り、当時の極限状態を振り返っていました。

大きな病気を前にした不安な気持ちや苦しい胸の内は、我々の想像を遥かに凌ぐものだったでしょう。

陰ながら、大事に至らずに本当に良かったと思います。

現在のところ、潰瘍性大腸炎の症状も緩和されてきたようですので、子宮頸がんの経過と合わせてファンならずともひと安心ですね。

高橋メアリージュンの壮絶な過去は?

ブレイク後に度重なる体の不調に見舞われた高橋メアリージュンさんですが、実は、壮絶な過去=壮絶な生い立ちがありました。

それは、

父親の経営していた会社が倒産、裕福な暮らしから極貧生活に一変してしまったという生い立ち

です。

・住んでいた大きな家を失い、小さな家を転々とする
・買えていたものが買えなくなる
・食べられていたものが食べられなくなる
・必要なものですら買えなくなってしまう

そんな生活だったといいます。

この生活変貌は、はっきり言ってしまえば味わったものにしかわからない独特の苦しみと惨めさがあるのではないかと想像します。

普通の家庭であれば、そんなすさんだ生活と精神状態の中で心がねじ曲がってしまうでしょう。

しかし、

高橋メアリージュンさんの父親は、決してネガティブなことは言わず明るく子どもたち育てた

といいます。

さあ、ここが新しい家だよ!

と小さくなる一方の家ですら、明るく前向きに子どもたちに紹介してくれたそうです。

強烈に不安な中で、何事も前向きに明るくアウトプットする精神力を持ち合わせていたお父さん。

並大抵のものではありませんね。

そんな父親について高橋メアリージュンさんは、

父を本当に尊敬している

と語っていたこともありました。

高橋メアリージュンさんは、

父親譲りの精神的な芯の強さやまっすぐな行動力を持っている

ように思えます。

「長女としての責任感がある」と自らも自覚し、妹や弟に積極的に声をかけてきたという高橋メアリージュンさん。

テレビでの発言やインタビュー、活動を見ていれば、高橋メアリージュンさんの素敵な精神性はヒシヒシと伝わってきますね。

高橋メアリージュンの現在の活動内容を紹介!

高橋メアリージュンさんは、

現在もタレント・女優活動を継続中

です。

活動内容は以下の通り。

・テレにやドラマ、バラエティ番組出演
・イベントや雑誌、ショーなどへの出演
・自身のYouTube「あさひがのおぼるよる」の運営
・「子宮頸がん」をはじめとする女性のための啓もう活動

特にYouTube活動では、自身の経験から感じた「食」への大切さから、オーガニック食材などに関連した企画を多数展開するなど独自の活動も見せています。

農業については、しっかりと学ぶことにも手を伸ばし

農業学校・アグリイノベーション大学で学ぶ

など自己研鑽も活発です。

ここでの学びも最大限に取り入れた高橋メアリージュンさんのYouTube興味のある方はぜひチェックしてみてください。

また、

2023年1月には個人事務所を設立

し、独自の活動をさらに深めていける体制も整えたようです。

病気などの影響で一時期は「最近見ないね、大丈夫かな」という印象もあった高橋メアリージュンさん。

現在では、自分の経験をフルに生かして非常に前向きに自分らしい独自の活動を展開されています。

これからの活動にも益々期待が高まる高橋メアリージュンさんを、応援していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次