【何してる?】二木芳人を最近見ない理由は?干された原因や現在の活動内容も

医師として、様々な報道番組にコメンテーターとして出演している二木芳人(にき よしひと)さん。

新型コロナウイルス感染症が流行った際は、テレビで見かけない日はないというほどの活躍ぶりだったことが記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。

そんな二木芳人さんですが、

最近見ないけれど何をしているの?

という噂があるのです。

一体どういうことなのでしょうか。

そこで今回の記事では、二木芳人さんを最近見ない理由、干された原因、現在の活動内容を紹介します。

目次

二木芳人を最近見ない理由は?

まずは、二木芳人さんを最近見ない理由について見ていきましょう。

二木芳人さんといえば、新型コロナウイルス感染症が流行ったことでテレビ出演が非常に多くなった人物です。

元は一般人なので、具体的な学歴や職歴は明かされていませんが、直近では以下のような職歴だといわれています。

職歴
1976年川崎医科大学
1978年川崎医科大学呼吸器内科 米国ミネソタ大学留学
1983年川崎医科大学内科講師
2006年倉敷第一病院呼吸器センター 副センター長
2006年昭和大学医学部 臨床感染症学講師 教授
2023年現在昭和大学客員教授
公益財団法人 日本感染症医薬品協会 リネゾリド研究会 会長
日本感染症学会 委員
日本化学療法学会 委員
日本臨床微生物学会合同リネゾリド適正使用推進委員会 委員長

立派すぎる職歴ではないでしょうか。

2021年7月1日に発表された「2021上半期タレント番組出演本数ランキング(ニホンモニター調べ)」によると、

二木芳人さんは「新型コロナ関連専門家のテレビ出演本数ランキング」で222番組の最多出演

だったことがわかっています!

二木芳人さんは2020年にも同ランキングで1位に輝いているため、2年連続でのNo.1なのだとか!

テレビで見ない日がないというのが過言ではないのも、納得できますね!

番組出演本数が多い二木芳人さんは、番組制作側からの信頼が厚いのはもちろん、視聴者ウケも良いという事実が!

いちコメンテーターである二木芳人さんが、ネット上でこのようにいわれていたのです。

視聴者ウケ抜群ですね!

ちなみに、二木芳人さんは新型コロナウイルス感染症の今後がどうなってしまうのか疑問視されていた時、

  • 新型コロナウイルスは1年間は収束しない
  • GO TOトラベルは休止したほうが良い。警戒レベル3段階は一気に増える時期
  • 国民の6割から9割が抗体を有する「社会的免疫」が成立するまで、後2~3年は感染の完全収束はないだろう

などという発言をしていました。

そして、マスクの必要性をテレビ越しに訴え続けたのです。

職歴はもちろん、テレビでの低姿勢も相まって

二木芳人さんがそう言うのであれば明るい未来はまだ当分先なのだろう…

と思った方も多かったのではないでしょうか。

しかし、

2023年5月8日より新型コロナウイルスが5類に移行した

ことを機に、それまで毎日のように報道されていた「当日の感染者数」などが報じられなくなりました。

コロナウイルスと共存していく世の中に移行したことでマスクが緩和されるなど、コロナ前の生活に戻りつつありますよね!

ただその一方で、

二木芳人さんのテレビ出演の機会も減った

のです。

世の中で、

二木芳人さんを最近見ないけれど何をしているの?

と噂されてしまうのも、無理はないといえるでしょう。

二木芳人が干された原因はなぜ?

続いて、二木芳人さんが干された原因について見ていきましょう。

結論からいうと、二木芳人さんは干されてはいません。

ただ、以前と比べてテレビ出演が減っているのは事実です。

以下は、二木芳人さんのテレビ出演が減っている主な理由になります。

  • 新型コロナウイルス感染症が比較的落ち着きを見せているから
  • テレビ出演料が破格すぎるから

それぞれどういうことか、具体的に見ていきましょう!

新型コロナウイルス感染症が比較的落ち着きを見せているから

二木芳人さんのテレビ出演が減っている理由は、新型コロナウイルス感染症が比較的落ち着きを見せているからです。

そもそも二木芳人さんは、感染症の専門家・昭和大学の客員教授という本業があります。

新型コロナウイルス感染症が比較的落ち着きを見せている今、報道番組でコロナウイルスに関する特集が組まれることは稀ですし、二木芳人さんも本業のほうで忙しいのでしょう。

テレビから姿を消したのも当然といえますよね!

テレビ出演料が破格すぎるから

二木芳人さんのテレビ出演が減っている理由は、テレビ出演料が破格すぎるからです。

感染症の専門家である二木芳人さんは「文化人枠」として、テレビに出演していました。

ただ、

テレビにおける「文化人枠」のギャラは1番組2~3万円

なのだとか!

専門的な知識が必要なコメンテーターという立場にも関わらず、かなり破格であることがわかりますよね!

だからこそ、

二木芳人さんは稼ぐために多くのテレビ番組に出演していたのでは?

と噂されているのです。

実際、全盛期の二木芳人さんは

月曜日から金曜日までの帯番組に出演していた

という経歴があります。

ざっと

月収40~60万円ほどもらっていた

計算になりますね!!

さらに、二木芳人さんは複数のテレビ局の帯番組に出演していたので月収はさらに大きくなり、

100万円近く稼いでいたのでは?!

といわれています。

ギャラが破格すぎるが故に、複数の番組に出演して多くのお金を稼いでいた二木芳人さん。

新型コロナウイルス感染症が落ち着きを見せている今、

多忙なスケジュールの合間を見てテレビ出演しても、稼げる金額はほんの僅か

ということで、テレビから遠ざかっているのかもしれないですね!

二木芳人の現在の活動内容を紹介!

最後に、二木芳人さんの現在の活動内容を見ていきましょう。

二木芳人さんは現在、昭和大学の客員教授として活躍しているものと思われます。

さらに、

  • 公益財団法人 日本感染症医薬品協会 リネゾリド研究会 会長
  • 日本感染症学会 委員
  • 日本化学療法学会 委員
  • 日本臨床微生物学会合同リネゾリド適正使用推進委員会 委員長

このような素晴らしい肩書きを持っているため、テレビ出演が減った今も忙しくしておられることでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次