【現在何してる?】織田裕二を最近見ない理由は?干された理由やゲイの噂も!

「東京ラブストーリー」「真昼の月」「お金がない!」「踊る大捜査線」など、大人気ドラマで国民的俳優となった織田裕二さん。

その明るさや独特の熱さで、TBS系列で放送されている「世界陸上」のメインパーソナリティとしても人気を博していました。

もはや誰しもが知っている俳優ともいえる織田裕二さんですが、

最近見ないけれど何しているの?

と言われているのです。

今回は織田裕二さんを最近見ない理由、世界陸上を降板した理由、結婚した妻と子供の3点について調べてみました。

さっそく見ていきましょう。

目次

織田裕二を最近見ない理由は?

織田裕二さんを最近見ない理由は、主に以下の2つです。

  • 病気を患っているから
  • 共演NGの俳優が多くて使いにくいから

それぞれ見てみましょう。

最近見ない理由①病気を患っているから

織田裕二さんは

2001年に椎間板ヘルニアで入院し、4週間に渡って活動を休止した

ことがありました。

持病であった椎間板ヘルニアが悪化し、手術とリハビリで活動を一時休止したのです。

ただ、およそ1か月の活動休止なので、実際には「見かけない」の後すぐに「戻ってきた」くらいのインパクトではあります。

しかし、大ヒットドラマ「踊る大捜査線」がシリーズ化してテレビに出続けていたことや、休業中にもドラマの再放送があったことから、当時はそれなりのニュースになったのです。

織田裕二さんには、日焼けしすぎて肌が黒いから肝臓病?という噂もありましたが、こちらは事実無根だったようです。

また、ドラマで末期がんで余命宣告される役を演じたことから

「織田裕二がん説」

も出ていましたが、こちらもデマと見て良いでしょう。

芸能人が大病に見舞われ若くして命を落とすことも多々ある昨今ですから、織田裕二さんが大病を患っていなくてよかったですね。

最近見ない理由②共演NGの俳優が多くて使いにくいから

織田裕二さんを最近見ない理由は、

共演NGが多くて使いにくい、キャスティングできない

ことが挙げられているようです。

織田裕二さんは

演技やモノづくりには熱く、妥協を許さない性格

だと言われています。

その姿勢は

先輩後輩関係なく、青島俊作さながらに意見を戦わせる

とも例えられているのだとか…。

あまりの熱意の強さに、

自らの演技論や芝居観に合わない俳優、意見が合わない俳優は共演NG

になるケースも少ないくそう。

ざっと調べただけでも、以下の俳優や女優が共演NGだと噂されています。

【織田裕二さんが共演NGとしている方(噂)】
・柳葉敏郎さん
・柴咲コウさん
・坂上忍さん
・金子修介さん(映画監督)

さらには、ドラマや映画の企画や脚本にもこだわりがあるらしく、打ち合わせや企画会議などの場で白熱した議論になると

このストーリーじゃ嫌だ、俺出ないよ

と、降板してしまったケースもあるそうです。

また、あるドラマでは

カーテンの色が俺の衣装や作品の世界観と合わない、すぐ変えて!

という要求を出したこともあると聞きます。

表現者として、作り手として、俳優として「こだわり」があることは非常に大切です。

しかし、こだわりをどこまで通すのかという「落としどころ」を作っていくことは非常に重要なことですよね。

この辺りは、織田裕二さんの側にも課題はあるのかもしれません。

織田裕二が干された理由は?

そんな織田裕二さんの新たな「はまり役」だったのは、世界陸上のメインパーソナリティーです。

「陸上が大好き」という熱さ、しっかりと選手の背景や心情を調べている力の入れ具合

などは非常に好感が持てましたが、以下の理由などで降板に至ったようです。

【織田裕二さんの「世界陸上」降板理由(噂)】
①日本陸上競技連盟からのクレーム
➁コメントが差別的、セクハラ的、騒々しい
③経費節減

それぞれ簡単に見ていきましょう。

①日本陸上競技連盟からのクレーム

日本陸上競技連盟は、

織田裕二さんという人気俳優が陸上を明るく語る番組スタイルを「ショー」でしかない

と受け止めていました。

番組としては陸上の裾野を広げる目的もあって、織田裕二さんの独自の熱血解説も売りにしていたでしょう。

しかし、

真面目に陸上をやってきて真面目に陸上を拡げる連盟にとっては、そういった織田裕二さんの姿勢が「ショー=茶番」にしか見えなかった

のかもしれません。

織田裕二さんのこだわりと、日本陸上連盟のこだわりがぶつかった結果、日本陸上連盟は織田裕二さんに以下2点の行動規制を依頼。

・スタジアム内を勝手に歩き回らない
・むやみやたらに選手と話さない
(ともに選手の競技への集中を希望してのことと推測)

織田裕二さんの「売り」でもあった、選手サイドに立ったレポートがやりずらくなったのは事実。

この問題は1回の相談ややり取りでは解決できるものではないので、数回にわたって連盟側、制作側での話し合いややり取りがあったものと思われます。

➁コメントが差別的、セクハラ的、騒々しい

ここは賛否両論ある部分です。

しかし、織田裕二さんなりに「推し」の選手がいたことは事実。

その選手を応援するがゆえに、他の選手よりもひいき目の発言をしたかのように聞こえた

部分はあるでしょう。

また、世代と言えばそれまでなのかもしれませんが、女性差別や人種差別に聞こえかねない発言もチラホラあったのも事実です。

陸上が好きすぎて結果や戦況に一喜一憂する姿に「騒々しい、うるさい」という視聴者の声があったそうです。

一概には言えませんが、世間的にもコンプライアンスが声高に叫ばれる昨今、織田裕二さん側にもやや改善点はあったのかもしれません。

③経費節減

最後は経費節減です。

人気俳優でもあった織田裕二さんですから、1回のギャラは数百万円。

野球やサッカーと比べると人気の少なかった陸上競技では、このギャラが大きな足かせになっていたのでしょう。

非常に残念な話ですが、スポンサーあっての番組である部分も否めません。

様々な理由との合わせ技かもしれませんが、経費の理由は比較的大きかったのではないでしょうか。

織田裕二がゲイって噂は本当?

最後に、織田裕二さんの結婚した妻と子どもについて見ていきましょう。

織田裕二さんは、イケメンにも関わらず、長きに渡って女性関係の噂や報道がなかった事実があります。

だからこそ世間では

織田裕二はゲイなのでは?

という噂が多々ありました。

しかし、

2010年に12歳年下の一般人女性と結婚

したことで、その噂を華麗にかき消します。

お相手の方は「美容研究家」と言われています。

俳優と一般人女性妻の馴れ初めは、

2003年に開催された知人の紹介の食事会

と言われています(いわゆる「合コン」でしょうか)。

交際期間も7年と長いので、ゲイと疑われた織田裕二さんですが、実は普通の恋愛観をお持ちなのではないかと思います。

結婚の4年後の2014年10月には第1子である男の子が誕生

したことが事務所から発表されています(以下画像は参考としドラマから)。

個人情報保護の関係で、お子さんの名前や生年月日、学校などの情報は非公開のようです。

織田裕二さんは家族を大切にしているようで、現在も離婚などはなく一緒に暮らしていると思われます。

少し変わり者感が否めない織田裕二さんですが、これからも活躍を応援していきたいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次