【2024最新】矢沢あいの現在の病状は?復帰予定やNANAの連載再開を調査!

漫画家・矢沢あいさん。

「天使なんかじゃない」「ご近所物語」「NANA-ナナ-」など、多くの有名作品を世に輩出しています。

ただ、2024年現在、病気が原因で連載をストップしていて、

いつになったら連載が再開するの?

と噂されている事実も…。

一体どういうことなのでしょうか。

そこで今回の記事では、矢沢あいさんの現在の病状、復帰予定、大人気漫画「NANA-ナナ-」の連載再会を望む声について紹介します。

目次

【2024最新】矢沢あいの現在の病状は?

冒頭で紹介した通り、矢沢あいさんは主に「りぼん(集英社)」で活躍している漫画家です。

「天使なんかじゃない」「ご近所物語」は、男性でも知っている方が多いのではないでしょうか。

そして満を持して「Cookie(同)」で2000年7月号から連載がスタートした「NANA-ナナ-」は、まさに男女問わず人気になった漫画です。

女優・宮崎あおいさん&歌手・中島美嘉さんW主演で放映されたほどの人気を誇り、結末がどうなるのかワクワクしながら毎月誌面を見ていた人も多いのではないでしょうか。

2002年には、第48回小学館漫画賞を受賞したほどです。

しかし、

2009年6月29日から病気のため休載中

で、2024年5月現在も休載が続いています。

矢沢あいさんは病気を発表した当時、

  • 決して治らない病気にかかっているわけではないんです。なので、どうか私に時間をください
  • 気長に治療をすれば少しずつ回復していくと医者の先生も仰ってくださっている

と、週刊誌の取材に答えていました。

矢沢あいさんは、東京都内にある女性の心と体のための医療センターに通っているとされており、うつ病や婦人科系の病気なのでは?と噂されていたこともありました。

実際問題、具体的にどういう病状なのかは明かされていません。

ただ、2024年5月現在で15年も病気療養していることを見ると、かなり深刻な病状なのでは?と思います。

実は漫画家として活躍していた当時の矢沢あいさんは、超がつく人気漫画家にも関わらず、同居していたパートナーと二人三脚で漫画の執筆に励んでいたのだとか…。

アシスタントを置かないことから、多忙なときは1日2時間睡眠が続いていたという情報もあります。

当時10代後半だったこともあって無理を重ね続け、病状が一気に深刻化してしまったのではないか?

と思います。

今はゆっくり休んで治療に励んでもらって、また漫画が描けるようになったら、ぜひとも「NANA-ナナ-」の続きを描いてもらいたいものですね。

矢沢あいの復帰予定はいつ?

気になる矢沢あいさんの復帰予定ですが、今のところは未定です。

2010年当時は、

  • 仕事復帰の目途は立っていない
  • 元気になったら「NANA-ナナ-」を届けられると思う

と、週刊誌の取材に答えていました。

そこから14年経っても未だに活動を再開しない矢沢あいさん。

見かねたファンの一部からは、重病説も浮上しています。

しかし、

色々言われているみたいですけど、だいぶ良くなってきてはいるんです。漫画を描くのは体が資本なので、今はとにかく体が良くなることだけに専念しようと心に決めて、治療に励んでいます。とても体力を使う仕事なので、体がまだ持たないんです。

という発言をしていたこともありました。

アシスタントなしで1つの作品を作り上げるというのは、まだまだ難しいのですね。

ただ、2017年にはJUJUさんの「いいわけ」のMVのイラストを担当したことも…。

懐かしい絵ですね。

また、定期的にグッズの販売もしているようです。

さらに、2022年夏には展覧会を開催しました。

この時、自身の体調について

みなさんに楽しんでもらいたい一心で展覧会の準備に取り組みながら、以前より体力も取り戻せているように感じました

とコメントしていました。

そしてこの展覧会の成功を祝して、

2023年には新作のLINEスタンプを120描き下ろした

ことでも話題になりました。

たぶん一生で一度きりだと思う大イベント、全国巡回中の展覧会に、信じられないほどたくさんの方が来てくださり、涙が出るほど感激しています。ものすごく元気が出ます。本当にありがとうございます!そんな感謝の気持ちを込めまくって、読者人気の高い3作品のLINEスタンプを描かせて頂きました。使い倒してもらえたら本望です。

この3作品とは、冒頭で紹介した

  • 天使なんかじゃない
  • ご近所物語
  • NANA-ナナ-

です。

ファンにとっては、ビッグプレゼントだったに違いありません。

時系列でみると、矢沢あいさんは確実に回復していることがわかります。

漫画の連載復活は楽しみですが、矢沢あいさんの復活をゆっくり気長に待ちたいですね。

矢沢あいのNANA連載再開を望む声!

最後に、矢沢あいさんの「NANA-ナナ-」の連載再会を望む読者の声を少し紹介します。

NANAが連載していた時代の、世間の焦燥感はなんだったのかな。みんながナナの生い立ちや心の闇に触れて、自分の痛みのように感じたんだと思う。ハチの優しい明るさに憧れて、ノブみたいな誠実な彼がほしくて、タクミがくれる華美な生活が羨ましくて、レンの情熱が心動かされて…こんなにキャラクターそれぞれが際立って、連載を休止しても尚皆の心に残ってるのは、矢沢あい先生が描いたからだと思う。連載、再開してほしいな。

大好きなんて言葉では足りません。

当時は学生で、単行本を買って読んでいました。矢沢あい先生の絵が昔から好きなのと、ちょっと大人な恋愛ストーリーにどっぷりはまって、何回も読み返すほどでした。そのときはまだ自分も子どもで、幸子とか章司とか嫌だな~。ナナかっこいいな~。と表面のストーリーしか見えていなかったのですが、大人になってから読むと、当時では感じさえもしなかった登場人物たちの感情が突き刺さってくるような気持ちになりました。ちょっと辛くなるときもあるくらい、つい感情移入してしまいます。本当に名作です。読んだことのない方、1話でもいいから見てほしいと思います。

矢沢あい先生の魂が 込められた素晴らしい作品です。最高に面白い!

などといったコメントが相次いでいます。

連載がストップして15年経った今も、こうして多くのファンが連載を待ち望んでいるのです。

とてもすごいことではないでしょうか。

だからこそ、矢沢あいさんには体の調子を治してもらって、できることなら結末を見てみたいですね。

これからも、矢沢あいさんのことを陰ながら応援していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次